TOP
43.57score

しまねこ

スポンサーKataribe

きゅうりの隠された『秘宝』♔

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

子供の頃、ムシャムシャ食べさせられてきたからか高校生の頃あたりにきゅうりが苦手になり食べられなくなりました。
それに拍車をかけるよう きゅうり嫌いで有名な関根勤さんにきゅうり嫌いを克服させるべく奮闘するTV番組内で きゅうりアイスという存在をみせられ その苦手さがピークに達しました。
不味いとおもいませんが、きゅうりが苦手なものにとってあれほど想像が絶するものはなく いまだに思い出す度に苦虫を噛み潰すおもい。
ご察しの通りいまも食べられません。そのうえ ペーパーパティシエなので、大学に通い栄養学を学んだときにきゅうりに栄養はないと知りました。やっぱ食べなくていいんだと改めて認識したのはいうまでもありません。
しかし、最近愛ねこがFIPになり、栄養のこと 体のしくみあらゆる方面で治療方法を模索するべく勉強していると ちょっとしたことが命を繋ぐ要素にかわり ちょっとしたことが命を奪いとる現状が..

そんな栄養がほとんどないきゅうりですが隠された『秘宝』があります。

利尿作用です。学生の頃はお手洗いに一日行かずに寝てしまうこともざらで 水分もとらず平気でした。なので 当時はなぜワザワザ利尿を促すと本気でおもっていました。

ですがFIPのウェットタイプ 腹水が顕著な愛ねこの腹水をコントロールするには利尿作用はとても大切。腹水は溜まりすぎると内蔵を圧迫し いろんな弊害が及びます。抜くことも選択ですが腹水には相当の栄養分が漏出していて破裂やダイレクトに抜くことはほかの病気でもそうですが、最多の栄養を必要とするFIPにとって命の危険が伴うということなのです。

自身も胸水がたまったときは呼吸困難に陥ることから抜く覚悟でいますがそうでなければ自然に吸収してくれるよう見守っています。

何度も苦しそうに息を喘ぐ姿をみて..決断すべきか迷いが出ますが 腹水が落ち着いてきてくれた姿をみると抜かなくてよかったとおもうのです。FIPの場合、腹水を抜くか抜かないかで予後の状態にかなり関係していると自身は考えています。

自分自身だけでなく、ワンちゃんねこちゃんとりちゃん大切な家族の健康管理にきゅうりはいかがでしょうか?

夏バテや水分補給にもってこいです!嫌いじゃなければ 笑

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

缶詰などに細かく刻んで混ぜてあげてください 好きな子はポリポリ食感が気にいるはずです。

もちろん人にも!ちくわはリーズナブルで元は白身魚なので栄養価もなかなか。神経機能を正常化し体のバランスの正調や貧血予防になるちくわを使ったちくキューや夏バテなら味噌と呼ばれるくらいの効能の味噌キューと

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

体にいいものと高相性も秘宝!ぜひ♡

.

最終更新日:2017-06-27 15:46

コメント (0)