TOP
41.00score

しまねこ

ひかえめで美しい花。秋の七草を目で知ろう♪

秋の七草は和製美人を表現する時にあげられ品がありおとなしいひかえめさを彷彿させる花々ばかりです。
その秋の七草は奈良時代に遡り、なぜだが自身が覚えやすく大好きだった万葉集の代表的歌人のひとり山上憶良が選定されたようです。
秋の七草のようにひかえめで美しい心音をもって作品を作られていたのかもしれませんね。

春の七草と違い秋の七草は食べられません。花を慈しみ楽しむために選定されました!
是非素敵なお花写真を見て知り、お楽しみ下さい♪
『萩』

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


こちらは山萩です。萩といえば秋らしい紫を想像される方が多いとおもわれますが白ベースでひかえめさが強調される萩も存在しています。

紫色も素敵ですね。

bush clover

萩の花
Flickr


ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

『撫子』
日本女性への最大の賛辞といっても過言ではない誉め言葉に例えられる花だけあって、じつに様々な表情、風合いを楽しませてくれるのが撫子。
しかしどの撫子も密やかな品を漂わせる佇まいはさすがです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

Catch fly / Silene armeria / 虫取り撫子(むしとりなでしこ)

Inzai city Chiba-ken(Prefecture), Japan 印西市 北総花の丘公園
Flickr

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

こちらは6月に咲き誇るようです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

Dianthus superbus var. superbus / 蝦夷河原撫子(エゾカワラナデシコ)

Igashira Park, Mooka-shi(city) Tochigi-ken(Prefecture), Japan 栃木県真岡市(とちぎけん もおかし) 井頭公園(いがしらこうえん)
Flickr

『ススキ』
一見、地味で目立たないようでありながら その存在感で七草の締めにも欠かせない。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ふわモコなところもカワイイ。

『葛』
とっても大人なラグジュアリー感ただよう。根は葛粉に用いられます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

『藤袴』
フジバカマと聞き慣れない花に想像ができませんでしたが、目がまるくなるほど愛らしいです!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

『女郎花』
オミナエシとこちらも聞き慣れないお花でしたが円らな花びらにキュートなyellowが繊細なカワイラシサを強調してくれています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


最後は朝顔とされていますが、夏っぽいのと実は現在では
『昼顔』
ちょっと妖艶?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


『桔梗』
桔梗色と呼びたくなる艶やかな紫に凛とした姿が素晴らしいですね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

白や桃色も存在します。
『木槿』
可憐という言葉につきる花。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

八重の蕾

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


3つの内のどれかだったのではといわれています。個人的には木槿押し♡

.

最終更新日:2017-09-08 10:11

コメント (0)