TOP
47.30score

しまねこ

Psychological effect☆✧*イルミネーション*✧

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

女子力やリア充感低めなので恐縮ですが、昔からきれ~いなキラキラしたものをみるのが好きです♡どこに行きたい?と問われるとついつい夜景がみたい♡と女子っぽいことを応えてしまいます。

年中 美しいですが、この時期はとくにイルミネーションラッシュ。ルンルン♪される方も多いのではないでしょうか。

そんなイルミネーション、ただただ綺麗なだけでなくCOLORによって精神心理に与える効果に違いがあるのはご承知でしょうか?

光はキラキラきらびやかに演出してくれるだけではなく、暗い夜道を照らしてくれるひとすじの導となります。

電灯が薄暗く、暗闇に包まれている道は犯罪被害も多くなりがちです。より明るい電灯や増やすことも大切かもしれません。が、犯罪抑制の心理的効果が高い『青色』の照明を利用する試みで効果実績が着実にあがってきているようです。

【青色の犯罪抑制効果って?】
よく"青"のイメージを問われると、COOLや冷静沈着などを想像しませんか?実際に青色をみると、癒しホルモン(セロトニン)が分泌され興奮を抑止、冷静沈着に物事を判断できるようになるそうです。
また、遠くまで通る青色の光は死角をとる犯罪にはあまり好まれずその心理的、物理的効果から犯罪抑制効果があがっているようです。

反面 情熱的イメージを持たれる赤色はみることで興奮物質(アドレナリン)が分泌され、赤色照明のところは犯罪件数が多くなりがちのようです。
パトカーや救急車などの赤い光は神経を挑発する感じですよね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


【もも色で美の華がさく?】

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

近年イソフラボンが注目されていますが、女性らしさを保つために不可欠な女性ホルモン(エストロゲン)に似た役割をしてくれるからです。
もも色にはそのエストロゲンを分泌してくれる作用があるのです。
【痛みの緩和?偏頭痛時のオレンジ色 照明】

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

夕日の色も美しいオレンジ色。温かみや和む色みであります。自身は偏頭痛もち。症状が出た時、前後は光に過敏になり頭痛を増長させ、白色や青色は通しが利く分明るく眩しさに痛みも酷くなります。オレンジ色だと幾分か気持ちや痛みが楽になるので日常的にもほっこりするオレンジ照明にしています。

強弱やCOLORの組合わせが相乗効果をよびイルミネーションは癒しを感じるのではないでしょうか☆
自身はイルミネーションをやる派よりみる派♪自宅前が保育園!毎年豪勢なX′masイルミネーションをしているのでベランダからキラキラを堪能♪
身近な地元町のイルミネーション街を探すのは楽しいものです♡ぜひ☆

.

最終更新日:2017-11-30 10:23

コメント (0)