TOP
43.24score

しまねこ

スポンサーKataribe

桜の下で...。いろのなまえ

桜が満開の時にうまれたので、桜がだいすきです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ですが、ここ数年 桜の下に立つと思い出す・・
愛しき人への想い

胸がチクりと痛み、どうにもできない焦燥感。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

くやしいなあ切ないなあと涙がこぼれます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

好きなのにすきなのに、あおい葉がつきはじめると安心してしまう自分がいます。

そんな、よわい自分も自分なので受けとめたいです。

ところで、桜といえば あのなんとも形容しがたいカワイイピンク色。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

我が家の春うまれの猫さんに、あのcolorに ちなんだ名前をつけたいと調べてみたことがあるのですが種類が結構 豊富なんです。

日本人の美の心!日本の色【伝統色のいろは】

日本人の美の心である日本の色(伝統色・和色)の名前の由来やカラーコードを紹介するサイト。457色の由来。
伝統色のいろは(日本の色・和色)


桜の名がついた いろのなまえ、サーモンピンクは和名で鴇色 (ときいろ)や乙女色と表されます。

グッとくる様々なcolorですが、わたしには桜のあのいろがどれも表現できていないように感じてしまいます。

─ いつかあのいろに ふさわしい名を。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

人それぞれ、みえているいろが違っているともいいます。
おなじ桜も みんな みえているcolorが違う。なんてのも素敵です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

是非、自分のいろをみつけながらお花見を楽しんで下さい♪

.

最終更新日:2018-03-29 20:57

コメント (0)