TOP
38.10score

しまねこ

お弁当時もオイシイ(๑´ڡ`๑)秋の旬食材"新米"の美味しい炊き方!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

この時期楽しみになる いちばん旬を身近に感じ嬉しいのは新米が堪能できることかもしれません。
米を食べる量が減っているとはいえ、まったく食べない人はごく僅かで老若男女が共通で感じとれる秋の旬ものといえるのではないでしょうか。
そんな美味しい新米、どうせならより美味しくニーズに合った食べ方ができたら理想的ですよね

そこで、冷めたお弁当時のごはんも美味しく食べられる方法や新米の炊き方を#水#をキーワードに ご紹介します。

【新米の水加減って?】
ひと昔前は、新米は古米より水分が多いのでべちゃべちゃにならないようお水はいつもより少なめにと祖母からや家庭科で教わりました。ですが、

最近は無洗米など選択肢もひろがりお米の質や古米の保管環境が著しく向上、新米との水分差も微差に収まっている為 極端に水を減らすと固く炊きあがり過ぎるので自宅で楽しむ場合は普段の10%減がベストとされています。

【新米の洗い方】
古米との差は余りありませんが、美味しく炊きあげるには洗い方も重要となります。
昔に比べ洗い方も変化があり、無洗米の主流、精米技術の進化で現在のお米は出荷時に綺麗でそのまま食べても問題ないレベルだそうです。

しかし、微細な埃などある程度は洗っておきたいところ。ですが、本当に変化しました!ガシガシぎゅうっと洗うのが当然だったのにいまでは優しくなでるように、新米は特にやわらかく繊細で傷がついたらもったいない!という程度に抑える洗い方の方が美味しく頂けるということのようです。
そしてお米は最初が肝心!スポンジのように はじめて吸った水は離さん!!ばりに吸いあげるので、なるべく汚れた水を吸わさないよう手早く洗ってお水を開放させることが大切です。

【浸水の大切さ】
洗ったらすぐ炊く!のではなく芯までお水を浸透させ、もちもち弾力 中はふっくらぽんの上等な新米に炊きあげましょう。

固めがお好みの場合は30分。1時間浸けておくと、程好く美味しい新米が楽しめます!そして、こだわり派には完全浸水する2時間ジャストです。
なぜ2時間ジャストかというと麺などと一緒でフヤケると美味しくなくなるのです。
忘れやすい方は浸水させたらそのまま炊きあげるのを利用し炊飯器にセット、2時間後に炊飯するよう予約しておくとよいかもしれません。

暑い時期・・米は水を吸った瞬間ナマモノとされ、菌の発生も否めなくなります。冷蔵庫保管しましょう。

【お弁当時の新米の炊き方】
お弁当の場合冷めた状態で頂くことが多く固くなってしまうので、2時間浸水に水加減もジャストがベストかもしれません。

【美味しい保存方法】
わが家は保温せず、炊き上がったら個包装し冷凍、いつでも美味しいです♡

.

最終更新日:2017-09-06 14:16

コメント (0)