TOP
43.57score

しまねこ

スポンサーKataribe

..欲しくなる。❇花火大会❇

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

昔から花火を見るのが結構すきです。高らかに上がって綺麗にひらく
一瞬がせんめいで美しく 刹那的な切ないきもち。

恋 焦がれているのに 一方通行な片側想いをさせられているような 夏の風物詩のひとつですよね。

疎いので恋人が欲しくなると世間でいわれるイベントにはあまり興味がなく、クリスマスになれば焦って不安になるからと飛び回って探している友人たちをみてはピンとこず。ん?といった感じでした。

ですが・・そんな自分も花火大会が近づくとその気持ちがわかりました。それを友人に話してもあまり理解されず花火大会はともだちとワイワイ行けばいいじゃんといわれる始末。

やはり世間とはズレテイルのかと考えていましたが、数年前の時期ごろにすれ違った二人組の男のこのひとりが自身とおんなじことを言っていて からかわれているのが聞きとれて やっぱそういう感覚の子もいるんだよね!とちょっと嬉しくなったのを思い出します。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


実際は片側想いと一緒で いないときは一緒に花火をみるひとが欲しくなると言ってしまえたけど。いざ 本気で愛しいひとができると 足がすくんでしまうものでした。
刹那的な花火は どうしても哀しい想いを連想してしまう。一緒にみたいって言えないまま いまだに行けてません。っておいおい考えすぎだってと突っ込みいれときます。
しかしいつかその一歩先をこえたらまた違った景色をふたりで見られる日がくるんだろうなあとも思っています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

だから ..なんか切なくなるのは 花火大会の由来がご先祖様や死者を尊ぶ印に鮮る光を打ち上げるようになったといったのが起源理由なので
"なんかキレー"と自身に響くのは なくなった大切なかたへの想いのカタチ。かなと

いまは家族である 愛猫さんとファミリー見したいですが わが家はあのドーンという音が苦手のこが多く いちばん気が強いクールビューティーな女ボスはその表情は絶対崩さないのに 体だけはパニックになり逃げ惑うといった偉業を成し遂げるくらい恐怖対象みたいなので無理そうです。

ベランダから見えるときもあり、キレーだよおといって振り返ってみるとパニックに陥るかた数名といったカオス状態にオチオチ楽しんでられない現状で、
最近はこんな感じの花火見物です。

今年はお星さまになった大切な大切なこたちのために パニックにならないようこっそりお祈りしたいです。

はやく病気なおってほしい おいしいごはん食べさせたいなあ ...って願い事は流れ星にしてよ!って怒られそう・・いまでも大切におもっていること 届けばいいなあ。

ぜひ美しさを引き締めて眺めてみて下さい

.

最終更新日:2017-07-18 11:34

コメント (0)